MENU

生活習慣病対策のためにおすすめな大正DHA・EPA

ライフスタイルがアンバランスになり日々の運動不足、喫煙、仕事によるストレスなどが原因で引き起こされるといわれている生活習慣病。

 

日頃の怠惰な生活習慣が発症や進行に大きく関与しているといわれており、生活習慣病患者も増加傾向にあります。

 

そのままの状態で改善を行わないと、大病を患うことになってしまいます。

 

これらを未然に防ぐためにもオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸のDHA・EPAを有効活用することが必要なのです。

 

DHA・EPAは生活習慣病に有効な血液をサラサラにする効果がある

 

DHAEPAにはドロドロ血液をサラサラにする抗血栓作用という働きがあります。血液中に入り込み、血小板で作られるプロスタグランディアという成分が血液が凝固しないようにさせる効果があり、血栓の出来にくいサラサラな血を作り出す仕組みを構築してくれます。

 

DHAよりもEPAの方が血液サラサラ効果は高いといわれていますが、EPAは脳関門を通過することができないのが難点です。

 

一方、DHAは脳関門を通過し、小腸→肝臓→血液→脳にまでいきわたり効果を発揮することができます。DHAとEPAはどちらかだけではなく、両方摂取するのが望ましいといえます。

 

DHA・EPAを同時に摂取して、生活習慣病を予防するには大正製薬の対象DHA・EPAがおススメです。